研究組織 C01班

計画班 C01 「分子・半導体光触媒による高効率可視光水分解系の開発」

太陽光中に豊富に含まれる「可視光」を利用して「水を分解」し、「水素」や「過酸化水素」などのエネルギーキャリアを生産するための高効率可視光水分解系の開発を目指す。特に、「分子系」と「半導体」の相補的な性質に注目し、両者を融合した革新的なハイブリッド型水分解系の開発にも取り組む。本研究計画では、計画班員の阿部と佐山が新規半導体と二段階励起系の開発を進め、分子系を用いた過酸化水素合成および水の酸化については井上と八木が精密分子設計による反応の効率化を進める。さらに班内および C02 班との強力な共同研究推進により、革新的な分子・半導体ハイブリッド系の開発を進める。また当該領域における新進気鋭の研究者を広く公募し、その知見を結集することにより目的を達成する。主な検討項目を以下に記す。

  • ・広範囲の可視光を利用可能な新規半導体材料の開発析
  • ・合成分子触媒による高効率水素・酸素および過酸化水素生成系の開発
  • ・天然光合成の電子伝達機構を指導原理とする高効率二段階励起型水分解系の構築
  • ・分子系と半導体系の相補的ハイブリッド化による革新的水分解系の構築

研究代表者 阿部 竜

京都大学・大学院工学研究科・ 教授

新規半導体材料の開発と分子系との複合化による高効率水分解系の構築
研究分担者 井上 晴夫 首都大学東京・都市環境科学 研究科・特別先導教授 高効率かつ高選択的過酸化水素生成のための分子系光触媒の開発
佐山 和弘 産業技術総合研究所・ 太陽光発電研究センター・首席研究員 高効率な二段階励起水分解系および過酸化水素生成系の開発
八木 政行 新潟大学・自然科学系・教授 高効率かつ高選択的水分解反応のための分子系光触媒の開発
ページの先頭に戻る