研究組織 B02班

計画班 B02 「分子系及び半導体系光触媒の動的機能に関する実験・理論解析」

本領域で研究・開発される機能性金属錯体、半導体光触媒、さらには光応答性タンパク質について、光化学反応中に過渡的に生成される励起状態を測定対象とし、放射光やX線自由電子レーザーを用いて、その過渡的な分子構造と電子状態を可視化する方法論を開拓する。さらには、測定した過渡種の情報を理論計算にフィードバックし、計算化学的アプローチにより光触媒反応の機構解析を実施することで高機能材料の探索・創出を試みる。

  • ・光応答性タンパク質の化学状態変化の動的測定
  • ・光機能性金属錯体の過渡的な構造・電子状態の可視化
  • ・半導体光触媒の光キャリア生成状態におけるキャリアダイナミクスの実時間測定と計算科学的解析

研究代表者 野澤 俊介 高エネルギー加速器研究機構・ 物質構造科学研究所・准教授 XAFSやX線分光学的手法を用いた動的構造解析
研究分担者 山下 晃一 東京大学・大学院工学系研究科・ 教授 分子系光触媒の反応機構と半導体光触媒のキャリア動的過程の理論的研究
連携研究者 足立 伸一 高エネルギー加速器研究機構・ 物質構造科学研究所・教授  
ページの先頭に戻る