研究組織 A01班

計画班 A01 「高分解能・時間分解構造解析による水分解反応の機構解明」

自然光合成における、太陽光エネルギーを利用した水分解反応の機構を原子レベルで包括的に解明することを目指す。そのため、水分解反応を行っている光化学系II (PSII)タンパク質複合体の反応中間体を、X線自由電子レーザー(XFEL)を利用して解析し、様々なPSII変異体の構造・機能解析を行い、得られた結果を理論解析と組み合わせることで、PSIIの構造・機能を詳細に解明する。以下に重点研究項目を記す。

  • ・X線自由電子レーザーを用いた水分解反応中間体の構造解析
  • ・PSIIの様々なサブユニット変異体の構造・機能解析
  • ・プロトン移動に関わる様々なアミノ酸残基の置換変異体の作製と構造・機能解析
  • ・量子力学/分子力学(QM/MM)計算によるPSII構造・反応機構の最適化

研究代表者 沈 建仁 岡山大学・異分野基礎科学研究所・教授 光化学系IIの構造・機能解析
研究分担者 神谷 信夫 大阪市立大学・複合先端研究機構・教授 光化学系IIの高分解能構造解析と水分解反応中間体の解析
山口 兆 大阪大学ナノサイエンスデザイン教育・研究センター・招聘教授 水分解反応機構の理論解析
連携研究者 梅名 泰史 岡山大学・異分野基礎科学研究所・特別契約職員 准教授  
菅 倫寛 岡山大学・異分野基礎科学研究所・准教授  
秋田 総理 岡山大学・異分野基礎科学研究所・准教授  
川上 恵典 大阪市立大学・複合先端研究機構・特別契約職員 准教授  
ページの先頭に戻る