研究成果

著書

計画班 A01
K. Kawakami, J.-R. Shen, Fraser Armstrong, "Purification of fully active and crystallizable photosystem II from thermophilic cyanobacteria", "Methods in Enzymology", 613, 1-16, Academic Press, USA (2018)
計画班 B02
福本恵紀, 野澤俊介, 足立伸一, 化学の要点シリーズ, X線分光―放射光の基礎から時間分解計測まで, 共立出版, 112 (2019)
計画班 C01
阿部竜, 薄膜作製応用ハンドブック, 人工光合成(水の分解による水素製造), (株)エヌ・ティー・エス, 1357-1364 (2019)
Y. Tanahashi, S. Watabe, E. A. Mohamed, Y. Tsubonouchi, Z. N. Zahran, M. Hirahara, M. Yagi, Photoisomerization: Causes, Behavior and Effects, Photoisomerization of polypyridyl ruthenium(II) aquo complexes, Nova Science Publishers, 49-78 (2019)
八木政行, 錯体化合物辞典, 朝倉書店, 456 (2019)
阿部竜,半導体光触媒による可視光水分解系, OPTRONICS, オプトロニクス社, 442, 91-96 (2018)
阿部竜,半導体光触媒を用いた太陽光水素製造, NEW GLASS, ニューガラスフォーラム, 33(3), 22-26 (2018)
Y. Tanahashi, S. Watabe, E. A. Mohamed, Y. Tsubonouchi, Z. N. Zahran, M. Hirahara, M. Yagi, Photoisomerization: Causes, Behavior and Effects., Photoisomerization: Causes, Behavior and Effects., Nova Science Publishers, Inc., New York (2018) in press ISBN:978-1-53615-313-2
計画班 C02
工藤昭彦, 触媒技術の動向と展望, 還元型参加グラフェンおよび光触媒からなるZスキーム系および光電極系による可視光照射下での水分解および二酸化炭素還元, 触媒学会 (2019)
A. Kudo
, Photocatalysis, Contemporary Catalysis; Science, Technology and Applications– Chapter 14, Paul C J Kamer, Dieter Vogt, Joris Thybaut, Royal Society of Chemistry, 326-343, ISBN: 978-1-84973-990 -0 (2017)
公募A班
庄司光男, Gaussian16で始める量子化学超入門, Amazon Kindle direct publishing, 68 (2019)
*Hiroshi Ishikita, Keisuke Saito, Microbial Photosynthesis, Redox potentials of quinones in aqueous solution: Relevance to redox potentials in protein environments, Springer Nature, in press (2020)
*Hiroshi Ishikita, Oxygen Production and Reduction in Artificial and Natural Systems, World Scientific, 191-208 (2019)
出羽毅久, 膜タンパク質工学ハンドブック, 光合成膜タンパク質の人工系での機能発現:光収穫系・反応中心複合体, エヌ・ティー・エス, 7 (2019)
舩橋靖博, 錯体化合物事典, 朝倉書店, p150, p192 (各1ページ, 2種の化合物) (2019)
菓子野康浩, アグリバイオ, 近赤外光利用型天然光化学系IIの構造と機能, 北隆館, 3 (3), 259-262, 東京 (2019) ISSN: 2432-5511
公募B班
西郷将生、宮田潔志、恩田健, 月刊「化学」, 化学同人, 30-34 (2019)
岸本拓・大岡宏造, 膜タンパク質工学ハンドブック, 津本浩平, 光合成電子伝達鎖における膜結合型シトクロムc, 株式会社エヌ・ティー・エス (2019) 印刷中
公募C班
天尾豊, 太陽光エネルギーによる二酸化炭素を還元・資源化する人工光合成技術, 化学工学会, 88(11), 666-669 (2019)
天尾豊, 電子メディエータの光レドックスを介した酵素触媒による二酸化炭素の還元, 酵素工学研究会, 82, 12-17 (2019)
石田斉, CSJカレントレビュー『光エネルギー変換における分子触媒の新展開』, 第12章 CO2還元を行う分子触媒 (Chapter 12. Molecular Catalysts for CO2 Reduction), 化学同人, 発行予定 (2020)
石田斉, カーボン・エネルギーコントロール社会協議会(CanApple)ニュース, なんでもルテニウム?!, 101 (2019)
Y. Negishi, S. Watanabe, M. Aoki, S. Hossain, W. Kurashige, Concepts of Semiconductor Photocatalysis, Toward the Creation of Highly Active Photocatalysts That Convert Methane into Methanol, IntechOpen, 1–12 (2019)
天尾豊, 生体触媒を利用した可視光で作動する二酸化炭素還元と資源化, 触媒, 60 (4), 222 (2018)
天尾豊, 生体触媒を用いた人工光合成, オプトロニクス, 442 (10), 102-196 (2018)
天尾豊, 生体触媒を活用した光エネルギーを利用した二酸化炭素の資源化, ペトロテック, 41(12), 937-941 (2018)
Yuichi Negishi, Seiichiro Watanabe, Marika Aoki, Sakiat Hossain, Wataru Kurashige, Toward the Creation of Highly-Active Photocatalysts which Convert Methane into Methanol, Mohammed Rahman Eds., Semiconductor Photocatalysis, InTech's publishing (2019) in press
青木麻里花, 渡邉誠一朗, 藏重亘, 根岸雄一, メタンをメタノールに変換する高活性な光触媒の創成に向けて, ナノ学会会報, 17, 55-60 (2019)
林瑠衣, 根岸雄一, 精密合金クラスターの助触媒利用による水分解活性の向上-一原子置換効果の解明にむけて, C & I Communication, 44, 40-41 (2019)
Wataru Kurashige, Rina Kumazawa, Yutaro Mori, Yuichi Negishi, Au25 Cluster-Loaded SrTiO3 Water-Splitting Photocatalyst; Preparation and Elucidation of The Effect of Cocatalyst Refinement on Photocatalytic Activity, J. Mater. Appl., 7, 1-11 (2018)

Copyright © I4LEC All Rights Reserved.
ページの先頭に戻る